生産者紹介

生産者紹介

2015~2016年度シーズン、あやほまれマーケットで取り扱いを予定している彩誉をご紹介します。信頼出来る農家さんと契約し、厳選した商品をお届け出来るようにしております。

◆大阪府 岸和田産

畝を高くして厳しい寒さに耐えさせ、甘さを凝縮させた、一番彩誉らしい彩誉かもしれません。それは、当然の話で、彩誉はこちら、フジイシードの岸和田試験農場にて誕生しました。岸和田市彩誉ブランド委員会が設立され、2月4日(ニンジンの日)を境としてニンジンウィークを設定するなど、地域を上げて彩誉を応援しています。

◆愛知県 碧南(へきなん)産

甘みの感じやすいバランスが良い彩誉が碧南産。「凄い人参がある」との話を聞きつけて、千葉に続き彩誉の栽培に取り組んだのがこちら、愛知県の碧南市です。彩誉以外にへきなん美人という地産の人参もあり、全国でも有数の人参づくりが盛んな地域です。

◆彩誉の生みの親、フジイシード

株式会社フジイシードの藤井社長にお話をお聞きしました。

新しい品種を創るという事は、私達が思っている以上に地道な作業の繰り返しでした。

それは、親人参が持つ良い特性を沢山引き継いでくれる組み合わせを見つけるという作業で、農家さんが作りやすく収穫量が多い、見た目も綺麗で貯蔵性、店もちが良い、など品種を造る側からすれば、農家寄りの意見、販売側の意見、そして「美味しい」という消費者の意見が反映された品種がいつも求められるのです。

フジイシードさんでは、現在まで25年間もの間、毎年100~200品種が試験されているという事です。

藤井社長曰く、彩誉と出会ったのはラッキーが重なったと謙遜されますが、今も繰り返されるこれらの地道な試験栽培が無ければ到底辿り着く事が出来なかった品種です。

数々のコンクールで上位を独占、2015年第66回全日本野菜審査会1~4位までをフジイシードの人参が占めました。