にんじんジュースの効果

今、注目されている数種類のファイトケミカルをはじめ、ビタミン類が約30種、ミネラル類が約100種類、最も有名な栄養素はベータカロチンだと思いますが、人参はなんと、我々が必要とする栄養素をほとんど含んでいるスーパー野菜なのです。

これらの沢山の栄養素が、以下に紹介する沢山の「にんじんジュースの効果」として私達の体の中で様々な働きをしてくれているという訳です。

美味しいにんじんの「にんじんジュース」はじめてみませんか?

にんじんジュースの効果

◆動脈硬化の予防

βカロチンには強い抗酸化作用があります。すべての病気の元とされる活性酸素を除去して動脈硬化の原因となる過酸化脂質を抑える作用が報告されています。

心臓病や動脈硬化への予防として注目されています。

◆高血圧の改善

にんじんに含まれるコハク酸カリウム塩には体内の水分の代謝を正常にコントロールする作用があり、血圧を下げる、むくみや冷えなどの改善も期待出来、ベータカロチンやビタミンEが動脈硬化を予防して血管を健康に保ちます。

◆疲れ目に

ビタミンAは眼球の表面の粘膜を健康に保ち、乾燥から目を守ります。

網膜の中の光を感じる物質、ロドプシンという物質の材料にもなり、特に近年はパソコンやスマホで目を酷使する環境にある者には大切な食品です。

◆歯と骨を丈夫に

カリウム、硫黄、リン、カルシウムなどのミネラルは内臓の働きを活発にして、骨や歯を丈夫にするのに必須です。また、将来の骨粗相症の予防としてもおススメ出来ます。

◆便秘や下痢

ミネラルや食物繊維は腸内環境を正常化させ働きを活発にします。よって便秘にも下痢にもおススメするという訳です。

◆肌荒れに

ビタミンAの効果として、粘膜を強化するという作用があり、肌の新陳代謝を活発にして肌荒れや皮膚病の改善にも役に立ちます。

ビタミンAとして使われないカロチンは紫外線や老化による活性酸素を除去する作用があります。

◆貧血や血行改善に

にんじんは体を温め結構を良くする働きがあるとして漢方でも高麗人蔘などは聞いた事があるかと思います。鉄分が血を作り血行を良くし、貧血の改善、冷え性などに効果があるといわれます。

◆糖尿病に

にんじんには血糖値を下げる働きがあることが発表され糖尿病患者の食事療法として沢山のレシピも紹介されています。

◆不妊症に

にんじんの体を温める作用が、不妊症に良いとにんじんジュースをススメられます。

◆癌に

活性酸素を除去して免疫力をアップさせる抗酸化作用に加え、最近ではβカロチンやαカロチンの癌制御作用が注目されています。

実際ににんじんジュースを癌患者の食事療法としてススメるクリニックも多く、効用を謳う書物も多数あります。